【無料のネタバレ】人をダメにするちょいブス無料でネタバレをします。

【無料】人をダメにするちょいブス・ネタバレとあらすじ

 

【人をダメにするちょいブス】

最終話

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

 

 

普段からの自分らしい生活を考えるのであればやはりきちんとした方法で最適な飲み会や異業種交流会に参加を行っていく事が重要な方法となるのです。

 

普段からの多くの方との交流を楽しんでいく中で素敵な方法での素晴らしい人生を自分で楽しんでいく事が重要な方法となるのです。

 

 

普段からのそのような中での方法での飲み会や交流会に参加をする事で大変素敵な自分らしい楽しみを得る事が可能となるのです。

 

そのような中で素晴らしい人生を自分で楽しんでいく事が重要な方法となるのです。普段からの素敵な飲み会を楽しんでいく中で自分で将来はビジネスを行っていきたいと考えるようであるならばやはりきちんとした方法で多くの方と交流を行っていく事のできる異業種交流を行っていく事が重要な方法となるのです。

そのような中で素敵な飲み会を行っていくのであれば普段からのそのような方法での飲み会を行っていく事が重要な意味を持つのです。

 

素敵な普段からの方法としての素晴らしい飲み会等を楽しんでいく事で素敵な時間を自分で楽しんでいきながら同時に素敵な飲み会等で素敵な飲み会を楽しんでいく事が重要な方法となるのです。

 

 

そのような中での素晴らしい飲み会で多くの人脈を作っていく事が成功する仕事を行っていく事が重要な方法となりますので、そのような中で自分らしい方法で多くの友人たちと過ごす事を考えてはいかがでしょうか。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

この漫画のネタバレ

 

これは、ある本屋での妙な体験談です。

 

 

ある日、私は本屋に行きました。

 

そして、本屋の中を歩いて好きな本を探していました。

 

 

すると、可愛い子がいました。

 

 

私は、可愛いなぁと思いました。

 

でも、それ以上は何もすることができません。

 

 

可愛いなぁ、で終わりです。

 

 

つけまわしたら不審者になりますし。

 

ストーカーと思われたら最悪です。

 

付き合えるわけもないですし、可愛い子を見て気分がよくなったというくらいです。

 

 

私は他のところへ移動しました。

 

 

そして、本を読んでいました。

 

すると、さっきの可愛い子が、私の背後にやってきました。

 

 

近くに来るとやっぱり気になります。

 

 

私は、また別の場所に移動しました。

 

そして、しばらく本を読んでいました。

 

 

すると、さっきの可愛い子がまた私の背後に来ました。

 

 

あれ、これって偶然なのかな。

 

 

それとも、もしかして好かれてるのかな。

 

 

私は、また別の場所に移動しました。

 

 

すると、また私の背後にやってきました。

 

 

なんなんだこれ。

 

 

でも話しかけたら変態だと思われるし。

 

 

結局、私はそこから動かないようにして、ずっと本を読んでいました。

 

 

すると、彼女は背中合わせのまま、どんどん私に近づいてきました。

 

 

私は、なんだかドキドキしてきました。

 

 

なんなんだこの感じ。

 

心臓の鼓動が止まりません。

 

そして、しばらくしてから彼女はどこかへ行きました。

 

 

彼女は何がしたかったのか?

 

エロい話とはちょっと違いますが、妙に興奮してしまいました。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のあらすじ

これは、中学の部活の時のエッチな体験談です。

 

 

私は、中学生の時に男女混合の部活に入っていました。運動部です。

 

 

大会の時は、先輩のためにスポーツドリンクを作ったりします。

 

 

もちろん女子も作ります。

 

 

私たちは、スポーツドリンクを作るために、ある場所に行きました。そこには、水道とか冷蔵庫がありました。

 

誰かが冷蔵庫を開けました。

 

 

すると、そこには女子の作ったスポーツドリンクが、いくつかありました。

 

 

そのうちに、男子の一人が、「これ美味しそうだな」と言いました。

 

 

そして、全員で飲んでみようということになりました。

 

そして、最初のやつが勢いよく飲みました。

 

 

「おい、あまりいっぱい飲んだら、なくなるぞ」

 

 

そんな事を言いながら、みんなで、一口づつ飲みました。

 

 

そして、最後に飲んだやつにいたっては、一度口に含んでから戻していました。

 

 

私は、はっきり見たんです。

 

 

こいつ変態だな、と思いました。

 

たぶん、スポーツドリンクの中には、男子の唾液が、入っていたと思います。

 

そして、大会が始まりました。

 

女子達は、のどが渇いているので、そのスポーツドリンクを、ゴクゴク飲んでいました。

 

私は、それを見て、ちょっと興奮してしまいました。

 

中学生の時のエッチな思い出でした。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画の感想

19歳の時に住んでいたアパートは壁が薄いのもあり隣の住人の音がたまに聞こえてきていました。

 

 

特に夜の11時半頃にベッドの激しいギシギシや薄く女性の声まで聞こえてくるので寝付けない日がよくありました。

 

 

私は一人暮らしをしていましたが週末は付き合っていた彼氏が泊まりに来る半同棲生活をしていたので、彼がたまに隣の住人のベッドのギシギシの音が聞こえてくると刺激され発情する日が何回かありました。

 

 

彼から「したくなってきた」と言われ私は入浴してからがいいので一緒に二人で入浴してから電気を消されるパターンが多くありました。

 

 

服を着ないままの私を押し倒し彼は胸を舐めながら指を入れてきて私を刺激させていきます。彼は私の顔を暗い部屋でもずっと見ていたいようで表情を見ながら彼は囁いてきます。

 

 

そうしている間にも彼はムラムラして私の手を持ち触らせてきます。

 

 

それが大体の合図で私が今度は彼を攻めて刺激します。

 

 

彼はとても舐められるのを好む男性なのでたくさん口の中に入れ舌で舐めると喜んでくれました。

 

どんどん我慢できなくなり私に挿入しながら彼はキスをしてきてお互い求め合います。

 

彼はいつも優しく私を気遣って声をかけたりしてくれて彼との性行為は本気に好きです。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓